自由で身軽な暮らし

楽しいセミリタイア生活を実現する方法を模索します。

独身で生きるということ

今日も朝からカフェでモーニングを食べていました。

やっぱり休日は夫婦や家族連れの方が多いんですよね。

みなさん楽しそうに談笑しておられます。

平日は一人で来られている方もいますが、休日になると一人客は私だけということも多々あります。

 

改めて思うのは、自分で新たな家族を作るということは凄いことですね。

自分を必要としてくれるパートナーがいると心強いのだろうなと感じます。

独身の私からしてみたら、他人同士が家族になって何十年も共に暮らし続けるということは奇跡だと思います。

 

そもそも私が何で独身で居続けているのかというと、単純に一人で過ごすのが好きなんです。

実家で親と暮らしているので一人暮らしをしているわけではないですが。

一人でいる時はホッとします。

 

もちろん友人や知り合いの方とご飯を食べたり遊びに行ったりするのは楽しいです。

色んな人と話をするのも好きですし。

それとはまた別で、やっぱり私は基本的には一人なのだなと感じています。

それに、パートナーという存在がもし居たらどうなのか?ということを現実的に想像できません。

そういうことは私とは関係のない別世界のことだと考えています。

 

何となく結婚して生計を一にするということが重大なことのように感じられますし。

そこまで人を信用できないというか・・・。

 

現状、今後の収入源のことと親の介護が最大の課題で心の余裕がないというのもあります。

何というか今は自分との闘いの真っ最中で、安住の地(パートナーという存在)を得てしまうと闘う気持ちが失せてしまいそうで。

気を張っていないと心がポキッと折れてしまいそうですし。

 

別に一匹狼を気取って格好をつけているわけではありません。

若干孤独に酔っている感はありますが。

平日の朝、誰も居ない公園を一人で散歩している時に大きな幸せを感じるんですよね。

 

学生時代や会社員時代の友人の大半が結婚しています。

そして現在は年賀状だけの付き合いになっています。

でも私は私だと思っています。

周りがどうであろうと同じようにしないといけないとは考えていません。

 

やっぱり自分にとって考えうる最適な選択を今後もしていきたいと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク