自由で身軽な暮らし

自分らしい生活を実現する方法を模索します。

働かない勇気を持ち続けられるか ~パート1~

先月、短期バイトが契約満了になってから今後アルバイトをするかどうか考えていました。

正直、時間的にも体力的にも難しいかなと思っています。

家事と親の介護とアルバイトの両立がやっぱり厳しいんですよね。

それに働きに行きたいか自身に問うてみると、可能であれば避けたいのが本音です。

 

現時点でどうしてもお金が必要ということでもないので、しばらくは働かない生活をしてもいいかなと思っています。

ただ、お金の面以外でどうかと考えてみると。

働きに行くと人と関わることが出来ます。

これは利点でもあり欠点でもありますね。

一人で過ごすのが好きなので人と関わらなくても構わないのですが、気になっていることがあります。

自分の頭の中だけで思考していると考え方が偏ってくるのです。

「自分は正しい」と勘違いしてしまうというか、思考が凝り固まってしまうというか。

ふと冷静になると「自分は大した人間ではない」と気づくのですが。

家族以外の人と話すことによって「こういう考え方もあるのか」「こういう人もいるんだ」と気づきます。

でも職場で不特定多数の人と接することがストレスにもなるので難しいところですね。

とりあえず今は自分の考えを整理してブログに書いて、色んな方のブログを読んで多様な価値観を理解していきたいです。

 

それと働かない生活をしていると自分の肩書きって何?と考えることがあります。

先月、近所で偶然中学時代の同級生と再会して「何の仕事をしてるの?」と聞かれて「事務の仕事をしてるよ」と答えました。

ちょうど派遣バイトをしている時期だったので派遣の肩書きって便利だなと思いました。

投資家というほど大した利益も出せていませんし、当ブログはほぼアドセンス収入がないので個人事業主とも言えません。

昔は「家事手伝い」という便利な言葉がありましたが今ではもう死語ですしね。

ニート」は34歳以下の人を指す言葉だそうです。(39歳以下という説もあります)

独身なので「妻」でもなく「〇〇さんの奥さん」でもなく。

まあ「何者でもない」というのが曖昧で自分らしくていいかなと思ったりもします。

 

長くなったので次回に続きます。

そしてやっぱり気になるお金のことについて考えてみます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーリンク